2013年09月02日

<脅威の棋力一発判定!!><たった1問であなたの将棋の棋力がわかる詰将棋>詰将棋の大家:伊藤果プロの問題【将棋初段から将棋五段まで】<伊藤果の詰将棋110>



伊藤果の詰将棋110 (マイコミ将棋BOOKS) [単行本(ソフトカバー)] / 伊藤 果 (...


上の本「伊藤果の詰将棋110」の第74問で、
手数は13〜17手詰です。


上の本に取り組める人は、
将来必ず将棋高段者になれます。

最低でも将棋三段、
個人的には将棋五段も可能だと思います。


将棋というゲームも、
結局のところ挑戦する意欲が、
その人の伸び代を決めます。

挑戦し続ける人こそが、
その到達点が高くなるのです。



この本は、
「第3章 13〜17手詰」としか書いてなくて、
正確な手数はわからないことになっています。


この問題の棋力判定を書いておきます。

時間無制限で
最初の3手がわかれば将棋初段、
最初の6手がわかれば将棋二段、

8分で解ければ将棋三段、
4分で解ければ将棋四段、
2分で解ければ将棋五段、

ぐらいだと思います。

8、4、2分のところは、
4、2、1分の設定でもいいかもしれません。


<この棋力判定はかなりいい感じです。>

<つまり、自信があるということです(笑)。>


ヒントは「打診の効果」となっています。

解答は追記のところに載せておきます。







<追記>(続きを読む)
posted by むとせ at 12:25| <脅威の棋力一発判定!!> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

【将棋が必ず強くなる詰将棋:070】解ければ即将棋二・三・四段の詰将棋【根性の詰将棋:03】将棋世界詰将棋サロン:小林直義氏作



将棋世界2006年8月号詰将棋サロンの
<2>小林直義氏作の問題です。

手筋手筋の連続で学習効果の高い良問です。


当ブログでは、
8分で解ければ将棋二段、
4分で解ければ将棋三段、
2分で解ければ将棋四段、
のように棋力設定したいです。


ただし、類題を多く解いている人には易しいです。

追記にヒントらしきことを書いておきます。






<追記>(続きを読む)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。