2012年12月07日

これが解けたら即将棋四段でもいいかも。(将棋世界詰将棋サロン:2006年4月号)


<7>小出周平氏作より


いい問題だね。

素晴らしい。

一目惚れしたよ、この問題。

気に入ったから、またどこかで取り上げたい。


上級問題(15〜17手詰)だから、
レベル的には将棋四・五・六段だ。

だが、難問でもないから、
将棋四段用の標準問題だと思う。

5〜10分で四段レベルのはずだが、
解けた人には即四段を差し上げたいくらいだ(笑)。



ちなみに、むとせは一目でも一睨みでも解けなかった。

一睨み×2ぐらいの時間だ。


この月の3〜7番の合計5問は、
絶対に解いておくべきだ。

良問揃いで実力アップ間違いなし。

むとせもまた将棋が強くなった気がした。


【こういう錯覚や気分の問題は、
 将棋上達にはとても重要だ。】

【毎日少しずつ強くなった気がしていたら、
 本当に将棋が強くなるよ。】

【これ、本当。学校の勉強でも仕事でも同じ。】






タグ:一睨み×2
posted by むとせ at 09:48| 詰将棋サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

詰将棋サロン、残念。


今月号も易しかった。

いや、易しかったはずなのだが、
思ったより時間がかかってしまった。

やはり、先月号の解読の速さは、
まぐれだったのかなぁ。

でも、一応全部解けたから、
まぁ良しとするかな?




posted by むとせ at 15:28| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

【将棋が必ず強くなる詰将棋:049】将棋3〜5段に近づく詰将棋:03 「やさしい詰将棋百題 (1958年) (将棋ポケット文庫) [文庫] / 原田 泰夫 (著)」


下の本の第64題。

11手詰、5分で5級。

1958年の段級位だから、厳しめである。


現代は【3手詰=3級】の時代である。

将棋世界での渡辺明竜王の発言を調べれば、
必ず出てくる。


だから、今は【5手詰=初段】なのだろう。

しかし、下の本によれば、
【5手詰=15級】である(笑)。


なお、下の本は、今アマゾンに1冊だけある。





やさしい詰将棋百題 (1958年) (将棋ポケット文庫) [文庫] / 原田 泰夫 (著); ...


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。