2012年10月29日

【極秘】上達詰将棋100(大山康晴) 第97番【将棋三段の登竜門】


むとせが昔将棋5〜2級の頃に、
2時間かかって解いた問題だ。

将棋二段の頃は5分かかっていない。

今なら一睨みだが・・・。


将棋三段以上になるためには、
避けては通れない手筋を含んでいると思う。

これぐらいは最低限知っていないと恥ずかしいものだ。

なお、初手の応用範囲はとても広い。

詰将棋サロンでもよく見かける。


今回は敢えて解答を載せなかった。

だが、あちらのブログでは最低2回は載せている。

だから、むとせのお気に入りの詰将棋でもある。







2012年10月26日

【緊急】残り2冊


状態が良くて安い本が残り2冊だ。

これも結構楽しめる本だよ。

詰将棋が好きな人や詰将棋で将棋が強くなりたい人、
もちろん、マニアやコレクターにもお勧めだ。


あっと驚く三手詰 [単行本(ソフトカバー)] / 森 信雄 (著); 講談社 (刊)



ラベル:緊急
posted by むとせ at 20:10| 詰将棋の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。